人って忘れる生き物

アクセスカウンタ

zoom RSS 『劇場』又吉直樹

<<   作成日時 : 2018/08/10 07:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

オーディオブックでの視聴。

聞いていて痛々しい。
どこまでが実体験でどこからが創作なのか探りたくなってしまう。
恋愛が主軸だから前作よりは読みやすいが、何しろ主人公の不器用さが痛々しい分、読後感が悪い。

青年期特有の鬱々とした気分に共感できなくなったらこの手の純文学は自己満足の表現にしか思えない。

ラストの場面の予定調和のような会話には既視感すら覚えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『劇場』又吉直樹 人って忘れる生き物/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる