アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人って忘れる生き物
ブログ紹介
だからメモしないと。
zoom RSS

東横イン仁川富平の斜め前の韓国料理店

2018/09/16 23:24
プルコギ。不味くはないけど、いままで食べた中ではうまくない方。
画像


画像
記事へトラックバック / コメント


東横イン仁川富平

2018/09/16 23:20
日本の東横インと変わらない。
日本語も通じる。
でも、ネット環境はイマイチ。
ライン電話の音声が途切れがち。
別の韓国のホテルはもっと良かった。
記事へトラックバック / コメント


トンカツ

2018/09/16 23:07
これで3度目のトンカツ。
脂身が少ない。
普通の日本のトンカツとなんら変わりない。


画像


画像


画像
記事へトラックバック / コメント


仁川富平ロッテマートの地下

2018/09/15 22:28
写真を指差して注文。
日本で食べる野菜炒め定食のような味付け。普通においしい。

画像


トンカツといいたいのだろうけど、ドンがツ、って一体。。。
画像
記事へトラックバック / コメント


加賀フルーツランド

2018/09/09 12:00
ぶどうは美味しいが、一房食べれば十分。
食べ放題ってあんまり嬉しくない。
もとを取らないと、ってなると味わうどころじゃなくなる。
やたらと虫がいる。
あと藤棚が低いから始終腰をかがめてないといけないのがデメリットだな。

画像
記事へトラックバック / コメント


高倉町珈琲 マロンパンケーキ

2018/09/09 11:50
こういうのは女子会でワーワー言いながら食べるものであって味わってどうこう言うものではないのかもしれない。
なめらかで味が薄いのでマロン感は少ない。
期待外れだった。

画像
記事へトラックバック / コメント


アニメ映画『聲の形』

2018/09/08 18:28
負い目を持った人間の心理とか、いじめる側が抱くいじめを正当化する理由などがうまく表現されていると思う。
物語としても様々な事件が起きて心を動かされる場面が何度もあった。

自分の意見を言わない、こっちの話を聞こうとしない、こっちの意見も聞かずに無遠慮に行動する。そうした行動が迷惑であると言葉にして伝えることはせず、態度で拒絶するという選択肢をとったいじめる側。
でも、そこで一歩を踏み出して、言葉で伝える手間を惜しまなければ、分かりあえた可能性もあったはず。妥協点を見いだすこともできたはず。たとえ嫌いな相手でも、面と向かってそれが嫌な行為であるとは言いにくいのかもしれない。あるいは自分の気持ちをそこまで整理してから言葉にするのが難しいのかもしれない。あるいは自分の気持ちは伝わっていると思い込んでいるのかもしれない。だから、無視したり、バカにしたりして、自分がイライラさせられた感情に対するバランスを取ろうとするのだろう。

分かり合う努力はすべきだと思うが、分かりあえない同士が無理して距離を詰めようとすると、ヤマアラシのジレンマに陥るだけだ。
一度人の心の中に棲みついた嫌悪の感情は簡単には消えない。嫌いな人と接する時間が増えるほど、嫌悪の感情も増幅される。
距離を取るしかない。
剣道でも、相手を警戒する距離、間合いがある。無理して距離を詰めることはない。
嫌いな人を無理に好きになる必要はない。
どれだけの間合いをとればうまくつき合えるか、その距離を計ることが、ジレンマに陥らないコツのような気がする。
相手の行動や言動が鼻につくなら、距離が近すぎるのだ。もう少し、距離をとって離れてみるのも一つの手だ。
剣道の試合じゃないし、間合いを詰めてきた相手に、間合いを詰めすぎであることを、それとなく話し合うことはできるだろう。

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

人って忘れる生き物/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる